株式会社  ロハス建材   仙石敦嗣  

評判 口コミ 八王子 ロハス建材 手抜きなし!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロハス建材仙石敦嗣

自然や人文環境を損なわない範囲で、自然観察や先住民の生活や歴史を学ぶ、新しいスタイルの観光形態。なお、地域住民の働き場が組み込まれていることなど観光収入が地域にもたらされることも必要条件として概念に含める場合も多い。
1980年代後半、地球環境の保全意識の高まりとともに、環境保全について学ぶことも観光の重要な目的であるとの認識ができてきたこと、また、マス(大衆)による観光活動(マスツーリズム)が自然環境を悪化させるひとつの要因とみなされるようになったことなどを背景として登場してきた。特に、途上国においては、地域にもたらされる観光収入により、環境を大切な資源として認識することとなり、貧困等に起因する環境破壊が防止されると期待されている。
2004年6月、環境省が識者を集めて開催した「エコツーリズム推進会議」は、日本におけるエコツーリズムの推進方策をとりまとめ提言。現在は、提言にもとづく様々な取組みが環境省等により展開されている。
  1. 2013/04/14(日) 21:06:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

正式名称は「地域における多様な主体の連携による生物の多様性の保全のための活動の促進等に関する法律」。
 「生物多様性基本法」第21条や、「生物多様性国家戦略2010」第1部第4章第2節(基本戦略)において、多様な主体の連携による保全活動の重要性が示されていることなどを受けて、生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が開催された2010年10月に開会中であった第176国会(臨時会)に、政府より法案が提出され、同年12月に全会一致で可決成立した。
 主務大臣は、環境大臣、農林水産大臣及び国土交通大臣。主務大臣は「地域連携保全活動の促進に関する基本方針(地域連携保全活動基本方針)」を定める。
  1. 2013/04/14(日) 20:32:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

国際自然保護連合(IUCN)の中に設けられている6つの委員会のひとつ。160ヶ国、1,350人以上の保護地域管理者や専門家によるネットワークを構築し、「地球の自然環境を保全し、自然資源の持続的な利用を実現する上で、不可欠な陸上及び海上の保護地域を地球規模のネットワークで結び、効果的な管理を促進する」ことを目的として保護地域管理者に保護・管理に対する助言や情報の提供、各国政府や企業に対する普及啓発活動等を展開。
本委員会は、保護地域を、「厳正保護地域」、「国立公園」、「天然記念物」、「種と生息地管理地域」、「景観保護地域」及び「資源保護地域」の6つのカテゴリーに区分している。国連保護地域リストの作成や世界遺産条約の自然遺産選定などにも協力している
  1. 2013/04/14(日) 20:31:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

人間活動により排出される対流圏オゾンやエアロゾル、ブラックカーボン(煤)など、比較的寿命の短い(数ヶ月以内)大気汚染物質のこと。近年、地域公害への影響のみならず、地域的気候への影響に対して注目を集めており、短寿命気候強制力因子(SLCF (Short‐lived Climate Forcer))などとも呼ばれる。
 温室効果ガスに較べて寿命は短いものの、大量排出による量的な効果で無視できない影響を及ぼしていると考えられている。例えば、SO2から生成する硫酸粒子などのエアロゾル(微粒子)が大気中のエネルギー交換である放射の伝達を直接的に攪乱するだけでなく、雲の生成に影響を与えて間接的に放射に影響を及ぼす効果などが知られている
  1. 2013/04/14(日) 20:30:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

広義には、環境課徴金制度のひとつと位置づけられ、この他、排出課徴金(環境汚染物質の排出量や質に応じて費用を徴収)や、ユーザー課徴金(不用物処理のため公共の施設又はサービスを利用する際に、利用に応じて徴収)、最終処分課徴金(廃棄物の最終処分を行う際に、処分物の量や質に応じて徴収)、天然資源課徴金(再生資源以外の原材料の使用、採取、輸入等に際して、量や質に応じて徴収)などさまざまな形態がある
  1. 2013/04/14(日) 20:20:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

廃棄物を発生させる製品の生産・販売に際し、その量や質に応じた金銭を徴収することにより、使用後に出る廃棄物が少ない製品を優遇する制度。
デンマークの電球税、アメリカの自動車税、スイスのバッテリー税などの事例がある。環境負荷の少ない製品への転換が進み、そのための技術開発が進むという利点がある
  1. 2013/04/14(日) 20:19:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

加盟国におけるエネルギーの安全保障と安定需給を目的とする国際機関。加盟国におけるエネルギーの安全保障と安定的な需給構造確立を目的として、第1次石油危機後の1974年に設立された。本部はパリ。OECD枠内の機関で、30カ国のOECD加盟国のうち26カ国が加盟している(06年6月現在)。OECD加盟国のうち、石油備蓄基準(前年の1日当たり石油純輸入量の90日分)を満たしている国のみが加盟可能とされる。
 日本は、IEAの分担金の21.037%(2005年)を担っており、これは米国に次いで第2位の分担率である。
  1. 2013/04/14(日) 20:02:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

それに代わるものとして、今現在活躍しているのは、国際エネルギー機関(IEA)を通した「気候技術イニシアテイブ」(CTI)である。CTIは発展途上であるが、その活動として、IEA加盟国による自主行動、国家的なアドバイスや技術開発計画、技術開発に対する賞の提供、新技術の研究開発における国家間協力などがある。その他、CTIは気候変動関連技術に関する地域セミナーを設置したり、科学上・技術上の助言に関する補助機関(SBSTA)と協力して作業にあたっている。

  1. 2013/04/14(日) 20:02:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

そもそも、「DfX(Design for X)」と総称される概念をベースに、“X”として製品競争力を高めるための製品設計・開発手法に関する何かしらの視点を充てる。DfEもその一つの視点であり、一般にエコデザインと呼ばれることもあるが、ISO(国際標準化機構)では「DfE」、またJIS(日本工業規格)では「環境適合設計」と定めている。
 こうした考えのもとに生産された製品を指して「エコプロダクト」ということもある。例えばフロンを含まない冷蔵庫やリサイクルしやすい家電製品など挙げられ、環境ビジネスを生み出す契機にもなっている。
  1. 2013/04/14(日) 18:55:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

製品の製造やサービスの提供に際してその設計、企画段階において環境負荷を可能な限り低減させることを目指すこと。製品の製造に関しては設計、生産、使用、廃棄及び再利用までのライフサイクルを視野に入れて開発することを意味する。英語表記の略称から取った概念で、環境適合設計または環境配慮設計などとも言う。
  1. 2013/04/14(日) 18:54:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

再生可能エネルギーの普及拡大を目的とし、太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス等の再生可能エネルギー源を用いて発電された電気を、一定期間・価格で電気事業者に対し買い取りを義務付ける(これを「固定価格買取制度」という)法律。2011年8月成立、2012年7月1日施行予定。
 同様の制度は1990年にドイツで最初に採用され、スペインなどでも導入結果、風力や太陽光発電が爆発的に増加した実績が評価され、採用する国が増加している。買取価格および期間については、再生可能エネルギー源種別、設置形態、規模等に応じて、関係大臣(農水大臣、国交大臣、環境大臣、消費者担当大臣)に協議した上で、中立的第三者委員会の意見に基づき経済産業大臣が告示。電気事業者が再生可能エネルギー電気の買取りに要する費用は、原則として使用電力に応じた賦課金で回収する。
  1. 2013/04/14(日) 18:53:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

しかしながら、厳密には、製造プラントの建設や運転、輸送の過程でCO2が排出され、また、生産農地を確保するために森林を伐採することになればさらに地球温暖化対策にマイナスとなるため、広い視野で比較評価すべきとの指摘もある。また、トウモロコシや小麦などの食料・飼料を原料とする場合には、その需給のバランスが崩れると価格が大幅に変動し世界的な食糧問題に発展していくことにも留意する必要がある。
  1. 2013/04/14(日) 18:52:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

バイオマス(再生可能な生物由来の有機性資源)から作る燃料のこと。代表的なものとしては、薪、木炭、ごみ固形燃料(RDF)、木質ペレット、バイオエタノール、バイオガス、バイオディーゼル燃料(BDF)などがある。
 理論的には大気中のCO2を取り込んだ植物から作り、これを燃焼させてCO2として排出するので石油や石炭と違い大気中のCO2濃度を増加させない燃料として、地球温暖化対策に有力といわれている
  1. 2013/04/14(日) 18:51:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

実現可能な対策・戦略を決定するという、ESTアプローチを提唱している。また、ESTの実現のためには、革新的な技術開発とともに、交通の質の改善、都市や社会の構造改革、人の行動のあり方をも見直すべきであると指摘している。2001年にはESTガイドラインを打ち出し、各国政策担当者に対してESTの実現に向けた政策検討を推奨している。ESTの推進取り組みの1つとして、2003年3月には日本でもEST名古屋国際会議が開催されており、現在も世界各地で取り組みが進められている。
  1. 2013/04/14(日) 18:51:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

シイ林はカシ林、タブ林とともに日本の暖温帯の代表的な植生である。琉球列島から太平洋側は福島県南部まで、日本海側は新潟県佐渡島にまで分布する。海岸沿いの尾根部や南向きの斜面などに成立し、タブ林より乾いた環境に多くみられる。ブナ科の常緑高木であるスダジイ、ツブラジイなどが優占し、イチイガシ、ウラジロガシ、タブノキなどが混生する森林。
鹿児島県大隅海峡を境に、混生する種の組成によって、亜熱帯性のシイ林と、暖温帯性のシイ林とに大別される。
  1. 2013/04/11(木) 22:13:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

日本で有償資金協力を行っている機関はJBIC(国際協力銀行)である。有償資金協力の際によく日本企業や日本製品のひも付きであるという批判があったが1998年ではアンタイド比率が93.6%と国際的に見てもきわめて高い水準になっている
  1. 2013/04/11(木) 22:12:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

COP3で採択された京都議定書の運用細目がCOP7(2001年)において合意され、発効する見通しが立ったことから、地球温暖化対策法(1998年)の改正が2002年5月31日に国会で可決成立、同年6月7日公布された。
政府は毎年温室効果ガスの排出量、吸収量を算定、公表すること、「京都議定書目標達成計画」を定めなければならないこと、内閣に「地球温暖化対策推進本部」を設置すること等が新たに改正法に盛り込まれた。
  1. 2013/04/11(木) 22:11:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

 食料資源エネルギーの確保や物質の輸送、地球環境の維持等海洋の果たす機能が増大したこと、さらにはそのような機能において多くの課題が顕在化しつつあることなどを背景にして、海洋政策の新たな制度的枠組みを確立するために国の総合的な取り組みを定めた法律。2007年4月に制定され7月に施行された。
 基本理念として、1)海洋の開発及び利用と海洋環境の保全との調和、2)海洋の安全の確保、3)科学的知見の充実、
  1. 2013/04/11(木) 22:10:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

現在は、EUの環境プロジェクトの一環にも位置づけられ、欧州諸都市をはじめとする全世界に広がっている。2003年度は、EU圏内で767都市、世界全体で1,035都市が参加した。日本ではまだ参加都市はないが、カーフリーデー開催を呼びかけるイベント等が開催されている。なお、EUでは毎年、9/16~22のモビリティウィークの期間に、カーフリーデーを含む様々な取り組みがなされ、広く市民に受け入れられている。
日本における類似の取り組みとして、自動車利用の自粛を呼びかけるノーカーデーという取り組みがあるが、カーフリーデーでは区域内の自動車交通を完全規制して“車のない生活”の体感を重視する点で概念的に異なる。
  1. 2013/04/11(木) 22:06:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

都市における自動車の利用と、それを通じた都市生活のあり方を見直すことを呼びかけるキャンペーン。
欧州では、9月22日を「カー・フリー・デー」と定め、「街中では、マイカーなしで(In town, without my car!)」をキャッチフレーズに、マイカーの入れない地区(カー・フリー・エリア)を設けたり、公共交通機関の利用促進等により、車に頼らない生活を市民に体験してもらう様々な催しを実施するイベントであり、また社会実験的な取り組みとしても位置づけられている。
1997年にフランス北西の町、ラ・ロシェルに端を発し、翌年からはフランス国土整備・環境省が国の事業として実施。現在は、EUの環境プロジェクトの一環にも位置づけられ、欧州諸都市をはじめとする全世界に広がっている。2003年度は、EU圏内で767都市、世界全体で1,035都市が参加した。日本ではまだ参加都市はないが、カーフリーデー開催を呼びかけるイベント等が開催されている。なお、EUでは毎年、9/16~22のモビリティウィークの期間に、カーフリーデーを含む様々な取り組みがなされ、広く市民に受け入れられている。
  1. 2013/04/11(木) 22:05:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

一定の地域において風が吹き空気が入れ替われることをいう。
家屋内の空気を入れ替えることは換気というが、換気しようとしても、当該家屋周辺の地域として空気が滞留している場合は家屋内の空気も入れ替わることはない。
通風が悪い場合には、大気汚染物質が拡散することもなく高濃度になることもあり、外気温が高くなることもある。また、新鮮な空気を呼吸できないことから精神的によくない。
通風は、家屋が密集している地域や高架道路・高層建造物が建設された地域において問題としてとりあげられることがある。
  1. 2013/04/11(木) 22:05:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

人が環境に与える負担のこと。単独では環境への悪影響を及ぼさないが、集積することで悪影響を及ぼすものも含む。環境基本法(平5法91)では、環境への負荷を「人の活動により、環境に加えられる影響であって、環境の保全上の支障の原因となるおそれのあるものをいう。」としている。
  1. 2013/04/11(木) 18:47:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

電力や公用車の購入、ESCO事業、庁舎の設計などに関する契約を対象に、価格以外に温室効果ガス排出削減効果を考慮しながら、公正な契約を行うことを国などの責務として定めているほか、国が温室効果ガス排出削減を考慮した契約を推進するための基本方針を作成・閣議決定し、同方針に基づいた契約を進めていくこと、各省庁や独立行政法人などの長が毎会計年度終了後に、これらの契約の締結実績を環境大臣に通知するとともに公表することも規定している。
  1. 2013/04/11(木) 18:46:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

2007年5月に議員立法で制定された法律。環境省所管。正式名称を「国等における温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約の推進に関する法律」という。
 国全体の温室効果ガスの排出量削減に向けて、政府が率先的に目標を達成するため、庁舎で使用する電気の購入や庁舎の改修事業等について、環境負荷の配慮等を適切に評価した上で契約先を選定するための法律
  1. 2013/04/11(木) 18:46:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

この基金は、タンカーによる油濁事故による汚染被害の責任と補償のための国際的枠組みの一部である。
タンカーの所有者は、船舶からの油濁による汚染被害に対して一定額までの補償の責任を負うが、それが被害者を補償するために十分ではない場合に、本基金の加盟国内で生じた被害については追加的な補償をこの基金から支弁することができるというものである。
1971年と1992年に2つの基金が設立されており、加盟国も補償の限度額も異なる。1971年条約に基づく基金は2002年5月24日をもって失効し、すでに加盟国は存在せず、それ以前に加盟国で生じた被害に対する補償を扱っているだけである。一方、1992年基金には現在86カ国が加盟しており、2006年1月末までにはさらに7カ国が参加する見通しである。2つの基金の事務局はロンドンにある。

  1. 2013/04/11(木) 18:46:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

1980年に国際自然保護連合(IUCN)が国連環境計画(UNEP)の委託により、世界自然基金(WWF)などの協力を得て作成した地球環境保全と自然保護の指針を示すもの。副題は「持続可能な開発のための生物資源の保全」となっており、国連人間環境会議(1972年)の人間環境宣言や行動計画に示された原理を発展させ、具体的な行動指針として展開している。人類生存のための自然資源の保全として、「持続可能な開発」(Sustainable Development)の概念を初めて公表したものとしても知られている。また、遺伝子資源の保全として、生息域内保全(in-situ conservation)と生息域外保全(ex-situ conservation)の概念を提示し、その後の生物多様性条約などに影響を及ぼした。 1991年には、改訂版ともいうべき「新・世界保全戦略 -かけがえのない地球を大切に-」(Caring for the Earth)が策定された。さらに、世界各国による国別保全戦略(National Strategy)策定の促進をもたらした
  1. 2013/04/11(木) 18:45:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

常温常圧では無色、無臭の気体で、水に溶けて炭酸となり弱い酸性を示す。石炭、石油、天然ガス、木材など炭素分を含む燃料を燃やすことにより発生する。
地球大気中での濃度は微量であるが、温室効果を持ち、地球の平均気温を15℃前後に保つのに寄与してきた。
大気中濃度は、産業革命以前280ppm程度であったが、産業革命以降、化石燃料の燃焼、吸収源である森林の減少などによって、年々増加し、今日では370ppm程度にまで上昇した。なおも増加しており、地球温暖化の最大の原因物質として問題になっている
  1. 2013/04/11(木) 18:45:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

個々の温室効果ガスの地球温暖化に対する効果を、その持続時間も加味した上で、CO2の効果に対して相対的に表す指標。温室効果を見積もる期間の長さによって変わる。100年間のGWPで比較して、同一重量にしてメタンは二酸化炭素の約21倍、亜酸化窒素は約310倍、フロン類は数百~数千倍となる。
  1. 2013/04/11(木) 18:44:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

医療現場では、患者の体質や過去の投薬履歴をICタグに入力し、そのタグと薬に付けたタグの情報を読み取り機で照合すれば、薬の副作用を防ぐような使い方もできる。また、蔵書管理に使用している図書館もあるなど、さまざまな分野における活用が広がっている。さらに、スマートホンなどの携帯端末との連携も進みつつある。

一方、個人情報の保護が問題となっている。商品に付けられたタグには、価格など多くの情報が入力されているためだ。また、タグ自体の単価や読み取り端末の価格をいかに下げるかが大きな課題だ。
  1. 2013/04/10(水) 18:28:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材仙石敦嗣

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)によると、1980年から1990年の主な温室効果ガス別寄与率は、CO2が60%、メタンが15%、亜酸化窒素が6%、フロン11と12が合計17%であり、CO2が大部分を占める。また、2010年度における日本の温室効果ガス総排出量は12億5800万tだった。1990年度と比べて4.4%の増加だ。部門別では産業部門が37.6%と最も多く、マイカーや社用車などの運輸部門、オフィスビルや店舗などの業務その他部門、家庭部門からの排出がこれに続く。
  1. 2013/04/10(水) 18:24:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。