株式会社  ロハス建材   仙石敦嗣  

評判 口コミ 八王子 ロハス建材 手抜きなし!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロハス建材口コミ

しかし大陸西岸の冬雨気候の地域や大陸の内陸では、人が植物の生活に関与しなければその生活は継続できません。欧米の主な都市では、土を作り水を与えて植物を育てています。植物を育てることとその恩恵を常に認識しています。意識の中に植物が存在し、空気のような存在ではないのです。特に大型で永年生の樹木や、その集団としての森は環境へのはたらきかけが大きいことから、その存在感は一層大きくなります。日本の気候風土が日本人の植物に対する意識を希薄にしているように感じます。IMG_0100 (400x300)
スポンサーサイト
  1. 2013/08/29(木) 14:33:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材口コミ

また「野となれ山となれ」という言葉がありますが、これは日本の気候風土を的確に表現しています。日本のように夏に降水量が多い地域では、裸地を放置しておいてもやがて草が生えて木が伸びて森になります。人が関与することなく裸地は自然の仕組みで森になります。005 (640x480) (500x375) (500x375)
  1. 2013/08/29(木) 14:32:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材口コミ

森は、地球上の生物の生活を左右する最も重要な環境要因として、その情報は全ての人々に伝わっています。代表的なものに二酸化炭素の吸収と酸素の供給、そして多様な生物が生活する場があります。日常生活の中で酸素の存在やそれらが森から供給されていること、そこで生活している生物を意識することはほとんどありません。「空気のような存在」とは、存在感のないことを表している言葉のようですが、日本人にとって緑すなわち森の存在は、まさしく空気と同じになっています。030 (400x300)
  1. 2013/08/29(木) 14:31:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぬらしたくない家財を高い場所へ移動させる計画

屋内では、台風で起こるかもしれない停電に備えて懐中電灯を用意します。
また、最悪の場合、避難することを考え非常持出品などをそろえておきます。
ライフラインが途絶えたときのために、水や食べ物を最低3日分は用意しておきたいものです。
それから、万が一の浸水の備えて、ぬらしたくない家財を高い場所へ移動させる計画もある程度考えておきましょう。
  1. 2013/08/29(木) 10:47:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台風が接近したらガラスに飛来物が当たって割れないように

また、窓ガラスのひび割れはありませんか?
窓枠はガタついていませんか?
これらがありますと、壁の亀裂と一緒で、屋内に水がしみこむ心配があります。
また、台風が接近したらガラスに飛来物が当たって割れないように、雨戸やシャッターなどでガードしましょう
  1. 2013/08/29(木) 10:47:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台風では大量の雨が降ることが多いですから

台風では大量の雨が降ることが多いですから、亀裂や腐りがあると、それが悪化してしまう可能性があります。
屋内に水がしみこむ危険性も出てきてしまいます。
台風が近づいていなくても、壁のチェックは事前に晴れた日などにしておきたいものです。

また、窓ガラスのひび割れはありませんか
  1. 2013/08/29(木) 10:46:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材手抜きなし

3、葛花(くずばな)… クズ
葛花はマメ科のクズの花を指しています。昔から食用、薬用、織物用などとして利用されてきました。
例えば江戸時代の本である『大和本草』の中では、「人を救うことの出来る五穀に匹敵するものである」と書かれているほどで、飢饉のときの飢餓食とされてきたところもあります。
また綿の発達する以前はこのクズの繊維が衣服の素材として
とても重要であった時期もあり、
人々にとても重宝なものとして大切にされていたことが分かります。IMG_0105 (400x300)
  1. 2013/08/28(水) 19:44:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材手抜きなし

2、尾花(おばな)… ススキの穂
尾花とはイネ科のススキの穂を指しています。
この植物も古代から日常生活に利用され、各地に残る刈場の地名は、かつて屋根葺き用や炭俵用の場所として維持管理されていたことを指しています。

ススキはまた宗教的儀式にもしばしば使われて、収穫物を悪霊や魔物や災いから守る力を持った植物とされていたのです。
じつは中秋のお月見の習慣はもともとこのような意味合いから発達したものであり、それゆえススキを飾ると言われています
IMG_0116 (400x300)
  1. 2013/08/28(水) 19:43:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材手抜きなし

秋の七草は奈良時代、山上憶良が万葉集で詠った草花をさしています。
いずれも派手ではなく、秋の到来を知らせてくれる草花が
とりあげられているのが特徴です。
いくつかの資料からの引用をしながら説明していきましょう。

1、萩の花 … ハギ
ハギはマメ科の植物草です。
語源は多くの茎が地面から多数生えてくる姿を捉えて、
「生え芽(はえぎ)」からついたと言われています。
『万葉集』にはこの花を詠んだ歌が多数詠まれていて人気があったことが分かります。
当時の貴族が、一つ一つがすぐ散ってしまう可憐なハギの花姿に、
ものの哀れさを感じる美的対象として捉えていたことが伺われます。
ハギは古くから生活の中に利用され、例えば小豆島では箒として利用したり、
籠編みにも利用されていました。
IMG_0100 (400x300)
  1. 2013/08/28(水) 19:42:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材八王子

 20世紀に入ると屋台が出現してくる。そして、中盤になると現代のような半常設的な屋台がバンコク市内などに並ぶようになる。現代のように庶民が屋台で食事をするようになっていく習慣は、この頃から序々にはじまったと考えられる。ではなぜ、そのような習慣ができたのか。それにはいくつかの要因が関係してくる。ひとつは、近代化にともないお金の価値が高まり、豊かさの価値観の変化により人々は男女を問わず労働するようになった。そこで、家事をする時間が減少したこと。1980年にはバンコクの人口が800万人を超え、都市の市域が広がり、人々は通勤に時間を取られるようになり、また市場の開いている時間に間に合わなくなったことなどである。そのため、人々は安くて手軽に買える屋台に頼るようになったのだと考えられる。
017 (400x300)
  1. 2013/08/25(日) 13:03:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材八王子

このように13世紀、魚と米から始まったタイ族のインドシナ半島での暮らしは、18世紀後半までは、西洋、中国、カンボジア、ビルマといった大きな伝統の影響を受けてその幅を広げていった。同時に、アユタヤー時代に通じて行われた域内ムアン同士の関係から、現在のタイに繋がる地方色を作っていった。そして、19世紀に入ると外国からの移民や商人が増えますます新しい食材や調理法が伝えられた。そして、1855年のボウリング条約によって西洋人との自由貿易の時代が訪れ、その結果タイの外国貿易は飛躍的に拡大した。当時のタイが外国に輸出していたものといえば、米、砂糖を中心した一次産品であった。それらの生産が拡大し、外国に売れば売るほどに商人は利益を得て、移住してきた人たちは富豪になっていった。19世紀後半、タイの水田の面積は急速に伸び、米の市場とそれに群がる商人たちの数も巨大なものになった。その中で、勢力をのばしたのが中国人たちであった。この頃のバンコク中心部の人口の半分は中国人だったというくらいである。そのため、中心部には本格的な中華料理屋が出現していく。025 (500x375)
  1. 2013/08/25(日) 12:59:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材八王子

市場がタイ料理の最前線であったことは疑いないが、さらにもう一つ、王宮の重要性も忘れてはならない。交易性の強いアユタヤーの王宮には、様々な外国からの料理が運ばれたであろうし、そうした目新しい料理に刺激を受けて、それまでになかった工夫が行われ、贅沢な新しい料理が編み出されたのではなかろうか。さらには宮中に働く何百、何千という女性たちによって、宮中の習わしや言葉とともに、一般の社会にも少しずつであれ伝えられ、家庭料理にも影響を与えたはずである。現在、タイの代表的なお菓子としてみなされているトーン・イップ、トーン・ヨート、モー・ケーンなどもこの時代にポルトガルから女官を通じてもたられ、タイ風にアレンジされたものなのである。
 
 このようにアユタヤーという都の内部においてさえも、その内部に多くの異文化を包含しており、市場や宮殿を通じてそれらの文化が持つ食文化の伝統が交換され、混ぜ合わされてきた。しかし、アユタヤーが受けた外国の影響は、その内部の異文化や交易活動によるものだけではない。アユタヤーはその400年の歴史の中で、何度も異民族の支配を受けたのである。アユタヤー自身は、1563年から1564年にかけてビルマのバインナウン王の征服を受け、その後30年あまり、ペグーの属国に甘んじなければならなかった。北部の諸ムアンも16世紀中盤から18世紀後半にいたる2世紀半にわたってビルマの支配を受け、宗教や言語面でその影響を蒙っている。その反面、アユタヤーは、1431年にはアンコール帝国を攻略し、行政システムや言語、建築技術などをカンボジアから移植している。生活全般に広く残っているカンボジアの影響のなかには、もちろん生活文化の大きな一部である食文化も含まれているに違いない。南タイの諸ムアンにしても、マレー的な生活から様々な影響を受けて、現在の地方色を形作っている。
 
005 (640x480) (500x375)
  1. 2013/08/25(日) 12:57:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材評判

 この世に生まれてきてよかった、自分にはこんなことができる,自分でないとできないことがある、他の人が自分を認めてくれる、このような気持ちをもち続けることです。つまるところ、自分自身の軸足というか、信念というか、価値観の基本がしっかりしておれば、世間の動き、他人の影響などというものに振り回されないでしょう。
 りきんで、見栄をはって生きているのは人間だけです、だから、肩肘はらず、りきまず、見栄はらず、只今をそのままに生きることです、健康に気をつけ、他に迷惑をかけずに生きることです。草木と人間が唯一ちがうところは、人間は他の生き物や、他の人の幸せを願い、他のためにと気遣うことでしょう。

 「薬」は病気の治療・予防に使うものですが、「薬」という字を、草木により気持ちが楽しくなると、このように理解して、草木を見たり、草木にふれたり、草木を育てることにおいて、精神の安らぎが得られるでしょう。草木や、自然の移ろいはすばらしいものです、千金に値します。
IMG_0117 (400x300)
  1. 2013/08/24(土) 14:21:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材評判


 草木も人も、この世に同じもの、代役をしてくれるものはいません。つまり、どの草木も、どの人もこの世に必要だから生まれてきました、どんな生き物も同じでしょう、一つでも欠けると、不都合になる、だからただ、それぞれが存在しているだけで十分に意味をなしています。
060 (400x300)
  1. 2013/08/24(土) 14:19:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材評判

 人間社会から山川草木、動植物の姿に目を転じるとよくわかります、人間のみが自らのしがらみにからみついてあたふたと、一人であがき苦しんでいます。草木は飾らない、背伸びしない、ありのままに、自然の恵みを受けて生きています、人間も草木とどこが違うというのでしょうか。
 草木も動物もそして人間も、個性豊かだから、お互いがある、生きとし生ける一切のものはみな、個性豊かであるから互いに生かし合えるのでしょう。背伸びすることも、取りつくろうことも、飾り立てることも、本当は何の意味ももたないでしょう。

030 (400x300)
  1. 2013/08/24(土) 14:18:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材口コミ

都市環境

 外敵からの防御としての意味合いが強かった古代の都市に対して、近代的な都市は、産業活動に有用なものだけを集めた人工的環境として成立している。その結果、市場価格で評価した単位面積あたりの生産性は、農村部などと比較してきわめて高くなったが、その一方で、都市周辺に生息する生物の多様性は著しく減少し、また、東京などの大都市では、植生の喪失とエネルギー消費の増大に伴うヒートアイランド現象が顕著になる。日米欧では、20世紀後半から周縁都市を含む都市圏が拡大したが、現在では飽和状態に達しており、開発途上国における都市化が顕著になってきている。ここでは、生産性を高めようとした結果、都市環境が悪化してきたことを指摘する。

030 (400x300)
  1. 2013/08/23(金) 14:54:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材口コミ

まずはコオロギやチョウ程度の平凡な小昆虫を目標にします。点としては貧弱でも線としてつながり、生きものの行き来ができるようになると、それぞれの種のテリトリーが広がり、ビオコリドー(生態回廊)が構成され、都市全体をより多様なビオガーデン的空間へと変貌させることができます。
 身近な環境をビオガーデンという視点で眺めれば、人と自然が共存できる場所はまだまだあるのではないでしょうか。 IMG_0102 (400x300)
  1. 2013/08/23(金) 14:47:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材口コミ

 このように緑の効用は多数あります。都市を構成する建物、庭、公園、露地、小道をなるべく高中低木や草花で緑化していくことが、都市に自然を呼びもどすビオガーデンの第一歩です。
●多様な環境をつくる(生態系復元)
 生態系は多くの種類の生きものがさまざまなニッチ(生態的地位)に収まって全体として相互に関連しあう一つのシステムです。都市の中においては山や森林のような高度な生態系は望むべくもありませんが、建物、庭、公園、露地、小道の中に生きものが好む多種類の植物を入れ、光や影、風といった微気象をつくり出し、水を導入するなど環境を多様化すれば、それぞれの環境にあった生きものが少しづつ増えていきます。IMG_0100 (400x300)
  1. 2013/08/23(金) 14:45:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材八王子

無農薬栽培の歴史
昔は米も野菜も農薬など使用しないで作る農業が当たり前でした。
米作りに関しては、縄文時代後期に始まったとされ、実際、農薬や
化学肥料を本格的に使いだしたのは、戦後だと言われています。
それ以前の農業はすべて無農薬栽培だったと言えるでしょう。

「では、なぜ作物を育てるのに化学肥料や農薬が使われるように
 なったのか」
「そして、なぜ今有機農業なのか?」
IMG_0115 (400x300)
  1. 2013/08/21(水) 16:30:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材八王子

でも、手塩にかけて育てるとは、生産者にはそんな単純なものでは
ありません。これをいくらかでも解決しようと有機農生産者の方々も、
有機農生産物の加工品として利用しようと、努力されています。
しかし、本来なら一般消費者や、食に通ずる方々が、この現実に
理解と、目を向けていただければ、消費者に安心、安全な美味しいものが
行き渡るのではないでしょうか。IMG_0118 (400x300)
  1. 2013/08/21(水) 16:28:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材八王子

捨てられる有機野菜達

有機農業にまつわる厳しい条件をクリアし、その条件のなかで、
わが子を育てるように手塩にかけて育てた有機野菜を形が悪い、見栄えが
よくない、ただそれだけの理由で市場から弾かれ、その有機野菜は
処分しなければいけない。有機農生産者の一番つらい瞬間です。
「畑に捨てればそのうち腐って、いい肥料になって結局、土に帰るんだから別にいいんじゃないの」こんな考えの消費者の方も、なかには
いらっしゃいますが、たしかに間違いではないでしょう。IMG_0116 (400x300)
  1. 2013/08/21(水) 16:27:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材評判

雑草の役割というのは、土を改良しているという事です。新しい畑やマサ土を入れた広場などには、スギナやヨモギ
クローバー等が最初に生え、栄養素を土に与え、土の中和作用を始めます。クローバー(赤詰め草等)は空気中の窒素を
取り込み、土に窒素分を与える事で知られてますが、これらは微生物の栄養源にも欠かせないエネルギーとなります。

 酸性土壌からアルカリへと変化してくると、その土地に生えてくる雑草の種類も変わってきます。 役割を果たした雑草
は自ら姿を消し、次の役割を持った雑草へと移行して行きます。 アルカリ化した土に生えてくる雑草はスズメノカナビラ
や、ハコベ、ナズナといった雑草の種類となります。 これは、開墾地したばかりの畑に豆類、蕎麦を植え、次に根菜類の
植え付け、最終的に果菜類や葉菜類へと土を作りながら移行する農業の知恵の自然雑草バージョンといった所でしょうか。
IMG_0115 (400x300)
  1. 2013/08/11(日) 12:42:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材評判

 自然界のこの仕組みは現代科学では解き明かすことができないものです。カルシウムを工場で作ろうとすれば、莫大な
 エネルギーと公害を出します。しかし、植物は光合成という力を使って、無公害で素晴らしい物質を作ってくれるのです
  そんな植物のカルシウムの恩恵を受けない手はありません。025 (500x375)
  1. 2013/08/11(日) 12:40:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材評判

  しかし、追求していった結果、スギナが多量のケイ酸カルシウムを集める力のあることがわかったのです。スギナは
 自分の体内に、七十パーセントものカルシウムを蓄えることができます。光合成によって作り出されたカルシウムは、
 ペクチン酸カルシウムという酵素態であるために、動物の体に最も吸収されやすい形のカルシウムになっているのです。
  その生きた例が、牛や象や馬たちです。草だけしか食べていないのに、あのような立派な骨格が作りだされるのです。
  石灰岩の粉ではどうしようもないのですが、スギナなどの植物が作り出してくれるカルシウムであれば、百パーセント
 人体に吸収され、肉体を健康にしてくれます。
  特に現代病である、アトピー性皮膚炎や花粉症は、塩不足とカルシウム欠ですので大量に摂って下さい。
 スギナは煎じてお茶にもなり、乾燥して粉にし、ふりかけにして食べても美味しくいただけます。何より手軽に採れる
 のが嬉しいです。017 (400x300)
  1. 2013/08/11(日) 12:37:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材口コミ

八ヶ岳の周辺は、冬に比較的雪の少ない、表日本型の気候である。そのため、好湿性の植物は少ない。

  植物の多いことでは白馬岳に次ぎ、特産種や稀品種が多いことは屈指である。これらは主として横岳、硫黄岳、赤岳に多く分布している。
030 (400x300)
  1. 2013/08/10(土) 15:20:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材口コミ

  八ヶ岳は高山植物の宝庫である。これらの植物はどうして、環境の厳しい高山で生育しているのであろうか。

  地球上には、今からおよそ100万年くらい前から、少なくとも4回の氷河が襲来したと考えられている。そのため、極地方の寒さに耐えられる植物が南下してきていた。

  1万年くらい前になって、最後の氷河も終わり、現在のような温暖な気候になってきた。そこで、これらの植物は、極地方に帰っていったり、山岳地帯に遺存して分布が広まっていった。これが高山植物の祖先である。その後、その地の環境に適応して、その山岳特有の新しい種も生まれた。これが現在の高山植物である。この地に特有なヤツガタケキンポウゲなどは、この山で生まれた新しい種である。
005 (640x480) (500x375)
  1. 2013/08/10(土) 15:19:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材口コミ

山地帯はブナ林となるところであるが、人為的な火災のため消滅し、一部にブナが残っているだけで、その後にミズナラを主とする二次林が生育してきた。この山地帯は、以前は、草刈場として利用され、採草の必要がなくなり、その後にカラマツが植栽され、夏緑広葉樹林とモザイク状に存在している。

  丘陵帯から山地帯、亜高山帯と、更に高山帯の一部まで生育するサワラ、山地帯の上部から亜高山帯の中部に生育するイチイ、カラマツ、亜高山帯だけに生育するネコシデ。

  これらの植物の垂直的な生育の範囲を知ることで、地図をもたなくても自分の位置を容易知ることができる。
IMG_0101 (400x300)
  1. 2013/08/10(土) 15:15:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材手抜きなし

「農薬も肥料もやらないのに、なぜ収穫量を確保できるの?」というのは生産者さんだけではなく、誰もが持つ疑問のようです。

しかし、その理由を理解し、無肥料でも野菜が育つこと、さらには虫も病気も寄らなくなり、栄養価も格段にアップするという事実に触れると、「じゃあ肥料って、一体なんだったんだ」といってくださるようになります。

 

とはいえ、それを実践していくのは正直、並大抵の努力ではありませんし、かなりの精神力を要します。

 

肥料などの成分が土から抜けるまでの間は、虫や病気が今まで以上に寄ってくることもありますし、安定したかと思うとまた被害を被ることもある。

 

しかしそのプロセスを「困ったこと」と捉えず、「これは土が浄化していくプロセスだ」という原理を信じる。

この理解があればこそ、過ぎていく時間を待つことができるのではないかと僕は思います。

  IMG_0113 (400x300)
  1. 2013/08/09(金) 15:12:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材手抜きなし

「肥料をやらなければ、収穫量が減るんじゃないの」

「無農薬・無肥料で、ほんとに毎年安定して収穫できるのかなあ」

生産者さんからは、よくこんな質問を受けます。

 

実際、無農薬・無肥料に魅力を感じつつも、農業経営が成り立つだけの収穫量が安定するかどうか、と不安を感じる生産者さんは少なくありません。

しかしその不安とは裏腹に、自然栽培では普通は肥料を使う場合の7~8割かそれ以上、ほとんど変わらないくらいの収量を上げる生産者さんもいます。

  IMG_0118 (400x300)
  1. 2013/08/09(金) 15:10:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材手抜きなし

自然界では、同じ世界が繰り広げられていくことになり、植物の生態がその環境に適合していきます。

ごく当たり前な自然な現象です。

 

野菜も同じ場所で育ち続けることで、土壌にどんどん馴染んでいきます。

そのような理由から、土が出来上がっていくにつれ、連作をしなければならなくなります。

事実、連作した方が収穫量が上がり、野菜の質も良くなっていくという結果が出ています。

  IMG_0116 (400x300)
  1. 2013/08/09(金) 15:09:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。