株式会社  ロハス建材   仙石敦嗣  

評判 口コミ 八王子 ロハス建材 手抜きなし!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガソリンエンジン

ガソリンエンジンには転用できないといった点があるものの、軽油に比べ排気ガス中に含まれる有害化学物質を減少させ、かつ既存軽油インフラの転用が可能といったメリットを持っている
スポンサーサイト
  1. 2014/01/31(金) 17:38:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材

天然ガスを液状化して人造石油を作り出す技術。天然ガスは排気中のCO2発生量が少ないことと、埋蔵量が豊富であるため、その重要性が見直されてきている。GTLはディーゼルエンジンには転用可能であるが
  1. 2014/01/31(金) 17:38:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BPR(Business Process Re-engineering)

BPM(Business Process Management)とは、複数の業務プロセスや業務システムを見直し、最適なプロセスに統合・制御・自動化して、改善を続けていく取り組みのこと。
 BPR(Business Process Re-engineering)が、従来の仕事のやり方を見直し、利益向上やコスト削減などを実現するものなのに対して、BPMはビジネスに必要なプロセスの中に、分析や設計、実行、改善・再構築などの「マネジメントサイクル」を取り入れているのが特長。BPRが単発で終わるプロジェクトとすれば、BPMは長期的な視野に立つ、継続的なプロジェクトだといえる
  1. 2014/01/28(火) 17:05:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材

BPRが単発で終わるプロジェクトとすれば、BPMは長期的な視野に立つ、継続的なプロジェクトだといえる。
 また、改善を効率的に行うために、企業におけるビジネスプロセスの現状や将来像をモデル化するBPMツールを使用する。
  1. 2014/01/28(火) 17:04:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材

具体的な大気汚染物質には、環境基準が定められている二酸化いおう、二酸化窒素、浮遊粒子状物質、光化学オキシダント、トリクロロエチレン等がある。この他、大気汚染防止法(1968)により固定発生源からの排出が規制されている硫黄酸化物、窒素酸化物、ばいじん、カドミウム、塩素、鉛、塩化水素、フッ化水素等の「ばい煙」、鉱物等の堆積場から飛散する「一般粉じん」、「特定粉じん」であるアスベスト、「特定物質」として定められているベンゼンなど、また、移動発生源からの排出が規制されている一酸化炭素、炭化水素、粒子状物質なども該当する。
悪臭は大気汚染の1形態と考えることもでき、その原因物質もまた大気汚染物質と位置付けることもできる。

  1. 2014/01/23(木) 19:02:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

回収費用の全部又は大半を生産者が負担する

2000年9月、EUが採択した指令。廃車から出る廃棄物を削減し、環境を保護するため回収、再利用及びリサイクルを推進することを目的とする。製造者には自動車の設計の際に有害物質の使用を削減する努力、設計及び生産段階での再利用等の考慮、リサイクル材料の使用増加が義務付けられている。最終所有者は廃車を無料で回収してもらうことができる。回収システムは加盟国が構築し、回収費用の全部又は大半を生産者が負担する。回収した廃車は適正に処理がなされるよう認証された施設へ運搬される
  1. 2014/01/17(金) 16:05:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材

多くの地域で二酸化窒素の環境基準をクリアしていないことや粒子状物質(PM)が健康に悪影響を及ぼしているという問題(名古屋南部大気汚染公害訴訟)などを受けて、2001年6月に、新たに粒子状物質の抑制も含め「自動車NOx・PM法」が制定された。対象地域も、中部圏が追加されている。
  1. 2014/01/17(金) 16:04:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これらにより生物生産力の低下をもたらし、そして生態系に備わった復元力を超えるまで植被が減少すると、水と風による土壌の侵食はますます顕著となり、土壌構造や水文的性質の劣悪化も進み、土壌への塩類やアルカリの集積も見られるようになる。このような人間活動を要因とした土地の不可逆的な現象を、不毛化現象という
  1. 2014/01/11(土) 10:52:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材    仙石敦嗣   手抜きなし!!

生態系の破壊につながる砂漠化の要因は、人為的なものと自然的なものに分けられる。
第二次大戦後の爆発的な人口増加により、衣食住を満たすために地域生態系の許容限界を超える乱開発が行われ、砂漠化の大きな要因となっている。具体的には、農地開発に伴う、放牧地での過放牧、降雨依存農地での過剰耕作、かんがい農地の冠水と塩類集積や、薪炭や建築用材確保のための森林伐採が人為的要因である
  1. 2014/01/11(土) 10:52:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生命中心主義の立場における

生命中心主義の立場における環境保護は、人間の利益のため行うものではなく、生態系それ自身がもつ価値を守るために行うこととなる。このような生命中心主義は、その後、自然の権利思想へと発展することとなった
  1. 2014/01/09(木) 16:38:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロハス建材

生態学的、地球中心主義的な世界観を強調する哲学のこと。
生命中心主義は、人間と自然を人間中心主義に見られるような「支配-被支配」という関係ではなく、有機的なつながりを持つ生態系の一員であるにすぎないとみなす。
人間以外の構成員は、自然の法則に忠実にしたがっているが、人間のみが自己利益のために自然の法則を無視していると考える。このため、人間は他の構成員に対して、道徳的義務を一方的に負わねばならず、生態系はその倫理的対象となる
  1. 2014/01/09(木) 16:37:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。