株式会社  ロハス建材   仙石敦嗣  

評判 口コミ 八王子 ロハス建材 手抜きなし!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロハス建材

クルマは移動のための中心手段だ、というように考えられてきた自動車大国のアメリカだが、一昨年のリーマンショックを受けて以来、人々の移動手段に対する考え方は大きく転換したと言われている。
どう変わったか、それを一言でいえば、「鉄道回帰」である。廃線が検討されていたほどの鉄道に対して、2009年、カリフォルニア州の住民は新しい高速鉄道の建設に肯定的姿勢を示した。それに呼応するようにして、現地の州政府も資金投資の姿勢を発表した。実は、これに先駆けて前年には連邦議会が「旅客鉄道投資改善法」を成立させている。議会を動かしたのは、もちろん鉄道復権を望む市民パワーである。
アメリカの歴史を顧みると、鉄道が国づくりに果たした役割はそうとう大きなものがあった。かつて日本で上映された多くの西部劇映画は、そこに鉄道が無くてはならない重要な筋立てだった筈である。アメリカにおける鉄道回帰の例は、ごく自然の成り行きかも知れない。
そして、鉄道への期待は、アメリカの一つの州だけの傾向ではない。アジア、アフリカ、南米など世界各国で、新しい鉄道への期待が高まっている。
スポンサーサイト
  1. 2013/04/18(木) 10:21:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ロハス建材 | ホーム | ロハス建材>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gorira505050.blog.fc2.com/tb.php/373-d97d2294
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。