株式会社  ロハス建材   仙石敦嗣  

評判 口コミ 八王子 ロハス建材 手抜きなし!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロハス建材手抜きなし


 1932年の立憲革命により、それまでの絶対王政体制が崩れていく。タイ政府は、近代化が推し進め開発主義を展開していく。中でも、1958年に実権を握ったサリット・タナラット陸軍大将※2は、強大な権力のもと積極的に開発を進めていく。その結果、地方から多くの労働者が入ってきて1960年から1975年の15年間でバンコクの人口は2倍になった。サリット大将は、その中には外資による100パーセントの会社設立を認めるなど外国資本の投資の拡大をめざす政策などが行った。この政策はあたり、アメリカや日本などの多くの資本投下があった。それにともない人間もやってきた。バンコクの外国人居住者も急増した。そのため、外国人ビジネスマンを対象としたホテルや飲食店も多く現れた。対象が外国人であるため、タイ料理店の味や食材も外国人向けに作られた。食材は、肉類が多用された。料理は、中華料理の影響もあってご馳走としてのタイ料理が出されていたという。
また、タイ人のための西洋料理屋も少しずつでき始めた。自家製のパンやケーキを食べさせる「リトルホーム」第一号店がワラチャックに開業したのは1970年代中盤であった。
019 (400x300) (2)
スポンサーサイト
  1. 2013/07/25(木) 14:35:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ロハス建材手抜きなし | ホーム | ロハス建材八王子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gorira505050.blog.fc2.com/tb.php/468-cb9fb57f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。