株式会社  ロハス建材   仙石敦嗣  

評判 口コミ 八王子 ロハス建材 手抜きなし!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロハス建材手抜きなし

 一方、外国人来訪者や居住者が増えることで、外国料理のレストランもオープンしていく。中国人と並んで昔からタイの居住者であるインド人は、パフラットやチャルーンクルン路、スリウォン路周辺に住んでいた。1965年には、ワンブーラパーに「ローヤルインディア」、1979年にはスリウォンに「ヒマリチャチャ」が開業している。後者はラオス在住のインド人が共産化の際にタイに移住して開いたものである。西洋人は、シーロム路、サートーン路、チャルーンクルン路にそって住んでいた。西洋料理一般は主にホテルのレストランで供されていたが、1962年にはフランス料理「ノルマンディー」がオリエンタルホテルに開業し、60年代には同じく「メトロポール」がラーチャダムリに店を開いている。チェンマイでも1970年代にはすでにフランス料理「ル・コック・ドール」が開店している。80年代に入ると西洋料理店は急増した。1984年には、ドイツ料理「バイオレット」がスクムビィットに開業してあり、ランスワン通りのイタリヤ料理「パンパン」も80年代の開業である。

 これらの西洋料理店の中でも庶民的なものや、日本料理やファーストフードなどは70年代の後半から次第に数を増やしていった。はじめは、当該の外国人たちのためのものに過ぎなかったが、80年代末頃から次第に一般のタイ人の間にも受け入れられていった。日本料理は米を主食にするところなど西洋料理よりは馴染みやすく比較的スムーズに受け入れられていったと考えられる。
047 (400x300)
スポンサーサイト
  1. 2013/07/25(木) 14:37:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ロハス建材手抜きなし | ホーム | ロハス建材手抜きなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gorira505050.blog.fc2.com/tb.php/469-9d5df252
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。